田舎の風見鶏

田舎の風見鶏は国産cms「soy cms」で構築されています。
どうせブログを運営するならと始めたのが「アフィリエイト」
自分のサイト上で商品広告を掲載してクリックや販売成果によって収入を得るものです。

田舎の風見鶏ではsoy cmsと使って比較的簡単にアフィリエイトサイトを構築する方法を紹介したいと思います。

田舎の風見鶏でsoy cmsを勧める理由は、

  1. 動作が軽快なこと。
  2. Mysqlがなくても動くSqlite版があること。
  3. ネット上に多数公開されている「HTMLテンプレート」を簡単に適用できること。
  4. Sqlite版はサイトの複製が簡単なこと。

などです。

wordpressやmovabletypeなどのメジャーなCMSは「Mysql」が必須です。
しかしsoy cmsではSqlite版が用意されているので、phpが稼働してSqliteが使えればサイト駆逐が可能です。

このサイトでも使用している「ラクサバ」などの格安レンタルサーバーはMysqlのデータベース数に制限があります。
ラクサバの一番安いプラン「ラクミニ」はMysqlデータベースは1つしか利用できません。

ラクサバの「ラクミニ」プランではMysqlは利用できなくなりました。(2015.11.16現在)

そこで、格安レンタルサーバーでもサイトを量産できるSqlite版soy cmsでサイトを量産して、広告収入を得ようというものです。

Sqlite版のsoy cmsはサイトデータのコピーやバックアップが簡単です。

テンプレートとなるサイトをひとつ作れば、ドメインやサブドメインを追加して、いくらでもサイトの量産が可能です。

soy cmsのテンプレートもhtmlの知識があれば、ほぼ作成できます。

まずはsoy cmsでサイトを構築してみましょう。