田舎の風見鶏

soy cms1.8.12p7.17をインストールしてみる

soycms

soy cms

このサイトでsoy cmsのプラグインやら新機能やらをガチャガチャと試したいたら、正常に動かなくなったので新たにsoy cms1.8.12p17を新たにインストールしてみた。

SQLte版だったので、サイト名のディレクトリをFTPでダウンロードしてsoy cmsディレクトリやサイトのディレクトリを削除して新たにsoy cms1.8.12p17をアップロード。

ダウンロードしたサイトと同じサイト名でディレクトリを作成して、ダウンロードしたサイトディレクトリから、index.php以外をアップロードして復元。

記事はもちろんサイトのデザインも無事に再現されました。

余計なものがなくなったからなのか、体感的には動作もキビキビしています。

しかし、soyappのGalleryとLPOを利用していたんですが、コレはサイトディレクトリの復元だけでは無理でした。

別途バックアップが必要みたいです。

プラグインもあらかた復元したんですが、exmenuというサイトマップを作成するために利用していたプラグインが、エラーを吐いて動きませんでした。

Gallery、LPO、exmenuは別に必須ではないので、利用するかしないかぼちぼちと考えます。


<< 前のページに戻る

soy cms 1.8.12p7.16がリリース

soycms

久しぶりにsoy cmsに触れます。

しばらくブログを放置していたので、本当に久しぶりにsoy cmsの話題です。

公式サイトではニューバージョンのリリースはしばらくありませんが、今回のバージョンは元開発陣の方がリリースされています。

修正のたびにブログで記事にされていますので、こちらもご覧になると参考になると思います。

脱・植物のミカタ

今回の大きな変更点はphp7への対応です。

php7対応によってsoyappもバージョンアップが必要になりますので要注意です。

2016/08/26現在、php7に対応したというか、soy cms 1.7.12p7.16に対応したsoyappでパッケージとしてダウンロードできるのは、gallery,inquiry,mailの3つですが、githubには修正済みのファイルがアップロードしてあるようですので、3つ以外のsoyappもファイルを一つ一つダウンロードすれば、利用できると思います。
(私は試してないので予測です。)

このサイトはphp7なんて縁のないレンタルサーバで運営しているので、バージョンはsoy cms 1.7.12p7.8です。

このサイト以外の数種類のレンタルサーバでインストールしてみたんですが、ファイルの修正が必要なサーバが2つほどありました。

頻繁にバージョンアップがなされているので、いずれは安定して稼働すると思われます。

待望のsoy cms用sitemap.xmlプラグイン

日記 soycms

このサイトはsoy cmsで構築していますが、今までは更新のたびに自分でsitemap.xmlを更新していました。

しかし、待望のsoy cms用sitemap.xml作成用のプラグインがリリースされました。

SOY CMSでサイトマッププラグインを作成しました

コレで更新のたびにsitemap.xmlヲ作成する手間が省けました。

制作者様に感謝いたしますm(_ _)m

個人的に惚れ込んだsoy cmsですが、日々使いやすくなってゆくので、ますます期待しています。


気になるsoy cmsの更新状況

日記 soycms

お気に入りの国産cms「soy cms」
このサイトもsoy cmsで構築されています。

最近気になっているのがsoy cmsの更新状況。

この記事を書いている時点で、Ver1.8.12からアップデートがリリースされていない状況です。

結構頻繁にアップデートされていたんですが、最近更新が滞っているようです。

ネットでsoy cms関連の情報をよく検索するんですが、どうも開発に携わっていた方が脱退されたようで、それが影響しているのかもしれません。

無料で利用させてもらっているので贅沢はいえませんが、Ver1.8.5以降はPHP5.2では動かないバグがあるので、できれば早く次期バージョンが出て欲しいところです。


モジュールでURL・サイトIDを取得してみた

soycms

byぱくたそ

タイトルの通りsoy cmsのモジュール管理でURLとサイトIDを取得してみました。

というのも、よく使うデザインテンプレートのCSS参照が相対参照で標準ページとブログページでは階層が違うのでコピペで使い回すことが出来ないんです。

絶対参照だと、テスト環境でsoy cmsのサイトを作って本番のサーバーへ移したりするときに、イチイチ書き直しが必要なので動的に絶対参照出来きる方法は無いかと考えてたどり着いたので「モジュール管理」「モジュール」です。

やり方は至って簡単。

モジュール管理でモジュールの新規作成をクリックしPHPを記述。今回は

<?php
//ここにモジュールとして読み込むHTML・PHPを記述してください。
//使用可能な変数
// $html テンプレートに記述されたHTML
// $htmlObj ページオブジェクト($htmlObj->createAdd()が使えます)
$host = $_SERVER["HTTP_HOST"];
$siteId = basename(_SITE_ROOT_);
echo "http://" . $host ."/" .$siteId;
?>

として保存

ページ編集でCSSのmetaタグに

<!-- cms:module="site.urlid" -->サイトURL+IDのモジュールを読み込みます。<!-- /cms:module="site.urlid" -->

と書いて以降はcssファイルの指定を書いて保存。

無事に動的に絶対参照が出来ました。

短く書きたい場合は

<!-- cms:module="site.urlid" /-->

とすればOKです。

もしかしたらsoy cms自体にcmsタグや@@で始まるタグがあるかもしてませんが、見つけられなかったのでモジュール化してみました。

他にも自前で設置しているアクセス解析CGIのアクセス解析用タグもモジュール化しました。

モジュールがあれば同じスクリプトを一つ書いてあとはタグで設置できるので修正が楽ちんですね。

ますますsoy cmsが使いやすくなりました。


<< 1 2 3 4 >> 4ページ中1ページ目