田舎の風見鶏

SOY CMS Ver.1.7.2 リリース

soy cms1.7.2

soy cms1.7.2がリリースされました。

今回は細かい修正のみに対応しているようです。

リリースノート

cmsの2大勢力wordpress、movabletypeには勢力で及びませんが、十分使いやすい国産cms「soy cms」

まだまだ目が離せません。


Sqlite版soy cmsのサーバー移行

soycms

サーバー

テストサーバーで構築したsoy cmsを本番用のレンタルサーバーへ移行する方法です。

これはSqlite版用です。

まず、

  1. 移行元のサーバの移行したいサイトIDのついたフォルダをFTPでダウンロード。
  2. 移行先のサーバにSOY CMSをインストールして、移行元のサイトIDとサイト名のサイトを作成。
  3. ダウンロードした移行元のサイトIDのフォルダにある.cacheフォルダを除いてフォルダだけを移行先のサーバの新しく作ったサイトディレクトリに上書き。
    .cacheフォルダはサイトのキャッシュファイルが入っているだけなので省略。
    ※この時移行元のサイトディレクトリにあるファイルは上書きしないでください。
     index.phpなどのファイルを上書きすると動かなくなります。

テンプレートやファイルを移行しないのなら、サイトID/.db/sqlie.db だけアップすれば動くはずです。

これで移行完了です。

公式フォーラムにもやり方が書いてありますので参考にしてください。

運用サーバーの変更について -soy cmsフォーラム-

soy cmsプラグインのインストールディレクトリ

soycms

soy cmsはプラクインによっていろいろな拡張機能を追加することが出来ます。

標準で幾つかのプラグインが同梱されていますが、soy cmsフォーラムにも数多くのプラグインが公開されていますので、気に入ったプラグインがあれば追加してやることで機能拡張が可能です。

soy cmsフォーラム - プラグイン

では、ダウンロードしたプラグインはどこにインストール・アップロードするのでしょうか?

これもsoy cmsフォーラムに書いてあります。

新しいプラグインのインストール先

インストール先は

soy cmsインストールディレクトリ/common/site_include/plugin/

です。

wordpressなどメジャーなcmsと比較するとプラグインの数も決して多くはありませんが、フォーラムに公開されているものも含めるとかなりの機能拡張が可能です。

さあみなさんもsoy cmsを使ってみませんか?


<< 1 >> 1ページ中1ページ目